サンフランシスコの語学留学先の学校をご紹介

サンフランシスコには、多くの語学学校がありますが、特に日本人留学生に適した3校の語学学校をご紹介いたします。                 
【Brandon College】
S.Fで最も古い歴史のある英語学校です。
現在は元々、この学校の学生でしたMr. Res Helferというスイス人が校長を勤めていますので学生側に立っての指導が特徴です。 受付に居るミス・ステーブンスは校長が学生の時から働いているか方で今でも校長は頭が上がらないようです。
生徒数は多くて120名くらいの小規模校で家庭的な雰囲気があります。 入校の年齢制限がないというのも大きな特徴で今までに最少年齢で9歳のタイ人学生が在校しました。 ただ、極端に年齢が低い場合(高校生以下)は事前にお問い合わせ下さい。
学校の回りは金融街に近いところで、アメリカの大都市に見られる浮浪者の姿はなく、ビジネス・パーソンが多く見られるよい環境です。 しかも街の中心地にありますから色んなお店もあり観光も出来、近くには映画館、美術館と便利な場所にあります。
                
【Intrax International Institute】
設立して10年ですが、現在ではS.Fで一番大きな英語学校に成長しました。(生徒数約300〜450名) 大きな理由は常に新しいプログラムを模索し学生のためになるコースを探しているからのようです。
今人気があるのは3ケ月以上の長期滞在の学生を対象としたインターンシップ・プログラムで語学研修の後に8〜12週間の企業研修を体験してもらい教室以外で学ぶという実践英語でのレベル・アップが目的のプログラムです。 このコースはただ企業に学生を任せて働くだけではなく事前準備(履歴書作成、インタビューの受け方など)から担当者と何度も面接し企業を選び、研修中には学校で自分の研修内容を英語でプレゼンテーションを行うというビフォア・アフター・ケアも充実した内容です。
近年は授業以外のアクテイビテイもさかんになりました。
                
【St, Giles International】
本校はイギリスにありますのでオーソドックスな英語授業で評判の学校です。
一昨年新しいビルに移動しまして昼食が取れるカフェテリア、図書館、PCルーム、ラウンジなどの施設が大変充実しました。
Platinum Courseは少人数制(1クラス5名まで)で施設も他のクラスとは違い良い環境と設備を使っています。
またご本人の勉強したい専門英語などの対応に応じていますからシニアやビジネス目的の参加者にお勧めです。 また英語教師資格が取れるTeacher Training Courseが特徴であるプログラムで内海外の英語教師を育成しています。
学生数が150名くらいまでなので学生に目が届き親密感があります。
校長のマリアンは日本で英語教師を7年ほど経験しており、日本人を理解していますしとても面白いキャラクターの持ち主で学生から人気があります。 ロケーションも抜群で全てに便利な場所です。午後にも授業が取れます。
                

体験談

学校

アメリカ風景

授業風景

アメリカ 仲間

スキー・スノボー

アメリカのハローウィーン

学校風景